Vivre à fond

1度きりの人生を目一杯自分らしくいたい、そんな思いを込めて綴ります

人の心の痛みがわかりすぎる優しいあなたへ

辛いことがあった時、

 

悲しいことがあった時、

 

もう絶望するような出来事があった時、

 

「悲しいことや辛いことを経験するからこそ人の心の痛みがわかるようになるんだよ」

 

「辛いことを経験するからこそ優しくなれる」

 

「私も辛いことがあったけど、それを乗り越えたからこそ今辛い人の気持ちがわかるようになった。きっとあなたもこれを乗り越えたらもっと成長できるよ」

 

そんな言葉をあなたはかけられたことがあるかもしれません。

 

でも、あなたはそんなこと言われなくても、そんな経験しなくとも、もうとっくに優しくて人の心の痛みがわかるひとでした。

 

そしてそんなこと言う人なんかより、すでにもうたくさん悲しみを知っていました。

 

なのに、そんな風に言われること、どれだけ辛かったかと、どれだけさらに追い詰められたことかと思います。

 

そんなこと言われなくても、もう十分すぎるほどわかってるのにね。

 

人の心の痛みなんかわからなくても、スラスラと幸せそうにしているあの人の方が人生得なんじゃないか・・・

 

人の心の痛みなんてわかっても、自分はますます辛いばかり・・・

 

こんなものない方がいい・・・

 

そんな風に自分の深い優しさを、そして他の誰かを憎みたくなるような気持ちさえもあったかもしれません。

 

 

そりゃそうです。

 

でも、それでも・・・私は深い優しさや、キレイすぎる心を持ったあなたのことを本当に愛しています。

 

あなたがどんなに、人の心の痛みがわかりすぎるその透明な美しい心を、それゆえに負ってしまった傷を嫌っても、私はそれを持つあなたをその傷ごと愛しています。

 

あなたが、その透明すぎる心ゆえに、たくさん傷ついてきたことも、抱えきれない悲しみを抱えざるをえなかったことわかっています。

 

そして同時に何があってもその心の美しさが濁ることは決してなかったことの凄さに圧倒されています。

 

どこまでいっても結局あなたは本当に私にとって、どうしても愛してしまう人なのです。

 

美しい心を持ったあなたは私のかけがえのない守るべき宝物です。

 

 

sophia29.hatenablog.com